男だってアロマだがや!だったがや!

アクセスカウンタ

zoom RSS AEAJアロマテラピーインストラクター 二次試験公開模擬試験【1069】

<<   作成日時 : 2009/11/19 07:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

11月19日。木曜日。
少し雲は多めですが、雨の降る心配はなさそうな名古屋です。

昨日のブログでは「アロマセラピストの社会的認知を高めるには」というテーマに沿ったご意見を多数いただき、誠にありがとうございます。
http://nto.at.webry.info/200911/article_18.html

皆様の貴重なご意見を私の小さな胸にガッツリと刻んで、今日の「アロマセラピスト意見交換会」を楽しんできます。
「意見交換会」の模様は明日のブログにてご報告いたします。

それでは、今日もサクッと参りましょうか。

アロマテラピーインストラクター試験受験者さまへ 
〜 「贈る言葉」 〜

27) 不自由を常と思えば不足なし。<徳川家康>

       -------------------------------------

というわけで、2010年3月28日の試験日まで18週と3日(129日)。

今日も健やかに、アロマテラピーインストラクター二次試験「練習問題」第205問目と参りましょう。

205) 卵巣周期における月経から排卵までの周期名を書け。

あなたの解答や質問をコメント欄にご記入くださいね。
私、柴田俊生が添削・解説をさせていただきます。

「2010年3月28日(日)までジックリと勉強を楽しんだるがや!」という方は、ぜひバックナンバーをご覧くださいね。

合格者さまの喜びのお声はこちら

↓  ↓  ↓ 
 
10月24日ブログ→ http://nto.at.webry.info/200910/article_14.html

---------------------------

さて、毎日「アロマテラピーインストラクター二次試験・練習問題」をブログにてご紹介していますが、本番では、一次試験で80%以上の得点がなければ、二次試験の採点をしてもらうことすらできません…。
そうなったら、トホホ・・・ですよね。

つまり、何よりもまずは一次試験をラクラク突破することが必要なのです!

というわけで、一次試験用の練習問題は、メールマガジン「男だってアロマだがや!」にて掲載しておりますので、ブログと併せてご覧いただければ幸いです。

毎週月曜日の朝6時、あなたのパソコンにお届けします。

メルマガのご購読はこちらから(もちろん、無料です)

  ↓  ↓  ↓

 http://www.melma.com/backnumber_119639



アロマテラピーコンプリートブック〈上巻〉
BABジャパン出版局
林 伸光

ユーザレビュー:
参考程度に内容はまと ...
アロマテラピーが分か ...
独学にはおすすめAE ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!
昨日の興味深い、先生からの問いに気付かず、
申し訳ございませんでした!
遅ればせながら…
私は、趣味だったり興味を持ったり、
そして今は仕事にしている中、
アロマテラピーの可能性をいつも考えています。
何となく世間的なアロマテラピーの認知を踏まえた上で、
それに捕らわれない可能性です。
多くは「癒やし」から入られるかも知れません。
その取っ掛かりも大切にして、
環境面然り、健康対策然り、
実は、あんな事やこんな事も、
生活と密着していると言う「普及活動」でしょうか。
勿論、国家資格となれば、更にアロマセラピストとしての、
認知度や社会的地位も上がるでしょう…
それは、これに限らず国家資格の性質上やむを得ないと思います。
世間一般に通じる公の名刺みたいなものでは!?
私個人としては国家資格に繋がる事に大賛成です。
先日、割と知られたレストランのオーナーさんからのご依頼。
BARでの食後のお酒の雰囲気的な物を高めたいとの事でした。
こう言う場合もアロマセラピストの冥利に尽きます♪
私の場合、まだまだ勉強や修行が続きます!
グレープ♪
2009/11/19 09:28
それで…今日の解答も、先生どうぞ宜しくお願いします!
・卵胞期
グレープ♪
2009/11/19 09:30
こんにちは。
私も昨日の先生のお話を気が付けませんでした。
すいません。
私も少しだけ…

個人的には国家資格になると良いとは思います。(日本人は冠に弱いですよね。AEAJだけでなく、他にも色々な団体がありますし。どの有資格者もある一定の知識は兼ね備えていることが望ましいと思います。)、ですが、その前にやはりアロマテラピーの正しい知識の普及を地道に行うことではないでしょうか?
私自身趣味でアロマに興味を持ち、癒しを求めて勉強を始めました。勉強をしだすと奥が深く、学ぶことが沢山あります。一般のアロマユーザーの方々にどのようにインストラクターで学んだ知識を伝えるか?啓蒙、普及の場はどこにあるのか?あくまでも個人的な意見ですが、独学でインストラクター資格を取得した人はこの資格を生かす場が少ないように思われます。私の夢は最終的にはアロマセラピスト資格を取得し、お年寄りや出産後のママにトリートメントができたらと考えています。インストラクター資格はセラピスト資格までの通過点的な扱いになっているのではないでしょうか…

では今日も宜しくお願いします。
答え:卵巣周期における月経から排卵までの周期名を書け。(卵胞期)

はな
2009/11/19 11:33
先生、こんにちは。
よろしくお願いします。
答え…卵胞期
おりぃぶ
2009/11/19 12:31
こんにちは^^

よろしくお願いします。

答え: 卵胞期
みみ
2009/11/19 13:12
先生、こんにちは。

昨日の記事を読んで、私なりに一晩考えてみました。

インストラクターが飽和状態とのことで、資格を持っている人達の中で、実際にインストラクターやボランティアなど、アロマについて活動している人って、どれくらいいるのだろう?と思いました。

大半の人は、資格を取得してそのまま終わってしまっているのでは??

アロマに興味を持ち、好きだからこそ一生懸命勉強して、努力して資格を取ったのだから、それでは勿体ないと思います。

確かに、インストラクターの資格だけで仕事をするには、なかなか難しい部分もあると思います。それについては、個人的にもっと、それぞれ活躍出来る場、チャンスが増えればいいのになと思います。

でも、仕事としてではなくても、アロマの楽しさを伝える機会はそれぞれ持てると思うんですよね。お友達やまわりの人達を誘ってアロマクラフト作りをするのでもいいし、ボランティアで小学校とかで何かするというものでも。

そこから口コミや人との繋がりで、新たな活動が広がっていくかもしれないし。

地道な活動から始まるのではないでしょうか。

アロマテラピーといっても、やはり詳しくはよく分からないって人が多いと思います。まずは、認知されることからでは?

ストレスフルな時代、うつ病の人も多いと聞きます。「癒し」としてのアロマテラピーは、もっと受け入れられるのではと思います。

「環境カオリスタ」検定にしてもそうですし、アロマテラピーと環境って切り離せないですよね?環境を考えるという面にしても、今の時代とあっているように思います。

個人活動だけでなく、インストラクターやセラピストが集まって、何かイベント的なものや、ボランティアなどをするのも面白いのでは?

個人的には、国家資格になるといいなと思います。

えつし
2009/11/19 14:21
問題の解答をさせてください。どうぞよろしくお願いします。

答え:卵胞期

昨夜勉強している所が、丁度ココのこの問題でした♪
えつし
2009/11/19 14:23
こんにちは。今日もよろしくお願いします。

精油の知識とかまだまだ一般の人たちには伝わっていないのが現実だと思います。私も、この勉強をするようになってからいろいろなことを学びました。
もっと手軽に学べる場(地域のお祭りでの出展など)があれば興味を持っていただけるのではないかなと思います。

いつか、私もインストラクターやセラピストを取得して、気軽にアロマを楽しんでいただけるようなサービスを提供したいと思っています。
そのためにも正しい知識をお伝えできるように学ばなくてはいけないですね。

答え・・・卵胞期
ケメ子
2009/11/19 15:19
こんばんは。
皆さんのおっしゃる通り
資格をとっても自分から働きかけをしないと
なかなか活かすことができないのが現状かもしれません。

常に向上心をもって地道に活動して、
アロマを皆さんに知っていただくこと、
『大好きなアロマテラピー』の輪を広げていくことが大切だと思います。
最初の一歩は勇気が必要ですが、踏み出さないと始まりませんものね。
アロマテラピーがこれからも
一人ひとりの心や身体に働きかけて
穏やかな日々を過ごす時間につながりますように。。。

今日もよろしくお願いいたします。
答え:卵胞期
rimrim
2009/11/19 20:40
こんばんは☆
今日の東京は雨が降ったせいもあり、尋常ではない寒さでした。
あと少しで雪になるのでは??

卵巣周期における月経から排卵までの周期名:卵胞期

今朝は時間を急いでいてコメントし忘れたのですが、
アロマセラピストを国家資格にという意見は非常に合理的で
あると私は思います。先生の意見交換会のレポート、楽しみ
にしております♪
とも
2009/11/19 20:40
こんばんは。今日は、とある講習会に出かけていました。
介護関係ですが、興味深い内容でした。
何のために今この仕事をしているのか?
考えさせられる内容でした。

卵胞期
ゆう
2009/11/19 21:01
こんばんは。遅くなりましたがお願いします。

→卵胞期
もふもふ
2009/11/19 23:36
グレープ♪さん、はなさん、おりぃぶさん、みみさん、えつしさん、ケメ子さん、rimrimさん、ともさん、ゆうさん、もふもふさん。
今日も元気にご解答・ご意見をいただきありがとうございます。

資格は取得してからが本当の勝負であると私は考えています。
大切なお金と時間をかけて取得した資格を大いに生かすことが必要です。

自分の得意なこと、好きなこと、できること、やりたいことを基準にすれば、あなたにしかできない「セラピー」を確立することができると思います。
男だってアロマだがや!
URL
2009/11/20 10:17
こんにちは!よろしくお願い致します。

卵巣周期における月経から排卵までの周期名(卵胞期)
k
2009/11/21 09:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

マイリンク集

AEAJアロマテラピーインストラクター 二次試験公開模擬試験【1069】 男だってアロマだがや!だったがや!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる